抜け毛の原因と対策

HOME >>  抜け毛について > 男性に多い脱毛症

男性に多い脱毛症

抜け毛が増えてしまう原因の一つとしてまず男性型脱毛症がありますが、文字通り男性に多い脱毛症になります。男性型脱毛症はAGAと呼ばれていますが、発症する事によってヘアサイクルが乱れてしまいます。

通常のヘアサイクルは成長期、退行期、休止期に分かれていますが、AGAが発症する事によって成長期が短くなってしまいます。その為、本来なら長く丈夫に育つはずの髪の毛が早い段階で抜け落ちてしまいます。そういった髪の毛が多くなってしまうと次第にボリュームが無くなってしまい、やがて頭皮が目立つ状態にまで薄毛が促進されてしまう事になります。

因みに抜け毛をチェックして短い毛や細い毛が多い場合は要注意と言われています。そういった抜け毛が目立つ場合はヘアサイクルが乱れている証拠ですので、AGAの可能性を疑ってみる必要があります。

抜け毛が増加する原因としては栄養不足もあります。髪の毛には栄養が必要不可欠ですが、食生活の乱れによって栄養不足になっている事も少なくありません。

正常な状態の毛根はふっくらとしていますが、もし髪の毛に必要な栄養が不足している場合、毛根はやせ細っており、毛穴からも抜け易い状態になります。抜け毛を確認した時に異常に細い毛根の場合は栄養不足になっている恐れがありますので注意が必要です。

毛根がやせ細ってしまう原因はもう一つあります。それは血行不良です。毛根に必要な栄養は血液によって運ばれていきますが、血行不良の場合ですと栄養が毛根に運ばれ難くなりますので、毛根がやせ細った状態になってしまいます。特に強いストレスを感じている方や運動不足の方、喫煙者の場合は血行不良になり易いとされていますので、該当する際には対策をした方が良いと言えます。